New Food Industryのご案内

IMG_1903.JPG

2017/3月号

掲載論文

食品成分によるナチュラルキラー細胞の活性化,ビワの保健作用,霊芝菌糸体培養培地抽出物(MAK)による虚血性脳障害の軽減メカニズム Protection mechanism of exacerbation of neuronal damage after cerebral ischemia by a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum mycelia (MAK),酵素剥皮技術を用いたかんきつ類の市場可能性,調理用ブレードミルによる乾燥食材の粉砕と回転速度の関係-ジューサー、ミキサー、プロセッサーの動力学-,ニジマスの肉色改善-5,プランクトンの増殖促進による地球温暖化防止法と漁業の復活策,中国料理に魅せられて ー南国酒家の創業に至るまでの道程,伝える心・伝えられたもの — 国分寺崖線,湧水巡り—,製品紹介 『アスコフレッシュ®』,野山の花 — 身近な山野草の食効・薬効 — コブシ Magnolia kobus D.C.(M. praecocissima Koidz.)(モクレン科 Magnoliaceae),デンマーク通信 デンマークのビール

LinkIcon詳しくはこちら


既刊のご案内

ページの先頭へ

編集室より

New Food Industryでは斯界の先生や企業の研究者の方々のご投稿をお待ちしております。日頃のご研究内容の論説、最近のトピックス等を受け付けておりますので、是非ご寄稿ください。弊誌は創刊以来、食品、医学、薬学の第一線で活躍中の学識者とアドバイザリーボードの先生方の協力によって、内容が検討され、貴重な文献として出版してまいりました。今後も読者の方々にとって必要とされる内容を掲載していくよう,一層の努力をしてまいりますので,本誌への要望や,忌憚のないご意見をどうぞおよせください。

迷惑メールが大変多くなっており,送信者名のない55mail等のフリーメールを使用したメールは迷惑メールフォルダ等へ振り分けるなどしてください。数年前から,弊社名が書かれた発信者名のない迷惑メールが,著者の皆様へ送りつけられる等の迷惑行為が報告されています。メールの内容については理解しにくい状態ですが,弊誌に掲載されている研究・学術文献とは全く関わりのない内容であり,当然のことながら著者の皆様にも一切関わりのない内容です。

骨の健康と食因子

山口正義 著

bone_t.jpg骨の健康と食因子
骨粗鬆症は、加齢に伴って骨量が減少し、かつ骨質も変化し、それにより骨梁等の微小構造が劣化して、骨折の危険性が高まる骨の病気である。また、骨粗鬆症は多因性疾患であり、その発症のしくみは複雑である。さらに、本症は、骨折すると寝たきりの生活を余儀なくされることが多く、寿命にも影響を与えている。このようなことから、高齢化社会に向けて健康的な生活を保持するという面から、骨粗鬆症はその予防と修復の必要性のある疾患として国際的に注目されている。

現代チーズ学

齋藤忠夫、堂迫俊一、井越敬一 編集

cheese.jpg現代チーズ学
チーズは加工食品の中でも、歴史的に最も古いものの一つであり、その起源は家畜化した動物乳から製造を始めた紀元前6000年頃の西アジア地域と考えられている。その後、広く世界にチーズの製造技術と食文化は伝搬されていった。チーズは製造に非常に時間がかかるが、経時的に旨味や嗜好性が増すために「時の贈り物」と位置づけられる食品である。我が国は乳を飲む食文化を持ち、欧米では乳をチーズ、バター、ヨーグルトなどに加工して食べる食文化を持つと言われる。我が国では、まだまだ消費量の少ないチーズであるが、今後ますますその消費量は増加するものと考えられる。

母乳の力

大谷 元 著

sign.jpg母乳の力
私たち成人は、主食や副食により、栄養機能、感覚機能、生体調節機能を充たしています。しかし、哺乳動物の新生児は、母乳だけでこれらの機能を充たします。このことは、母乳には、生命活動に必要なすべての栄養素、嗜好性成分および生体調節成分が含まれることを意味しています。(中略)“母乳”は、“人乳”だけを意味するものではありません。哺乳動物の母親の分泌する乳すべてを意味しています。本書が、畜産物利用学、食品機能学、栄養学、食品タンパク質科学、食品免疫科学などに関心をお持ちの学生、教育者、技術者および研究者の皆様のお役にたてば、著者の存外の喜びです。(本書まえがきより)

酵母との対話

兎束 保之 著

koubo.jpg母乳の力
偶然の機会から、酵母菌を研究材料にすることになった。これはどんな生き物だろうかという素朴な疑問から始まり、どのように解析技術を工夫をしたら自分が知りたい内容に近づけるだろうか、という試行錯誤の連続。こちらも相手も生き物だから、素直な対話で相手を理解しようという姿勢から、生理学、生化学、分類学、生態学等の成果が生まれた。それらの成果を応用し、実用技術が企業を支えるまでになった。(本書まえがきより)

ページの先頭へ

過去に発刊され、好評だった書籍をWebからご注文いただけます。

『発酵乳類の機能』

編者:中澤勇二,細野明義
ご注文は、こちらから

『新説チーズ科学』

編者:中澤勇二,細野明義
ご注文は、こちらから

『調理機器総覧』

編者:肥後温子,平野美那世
ご注文は、こちらから

各種問い合わせ











126524